FIJ 外国人の日本への関心【海外の反応】

Foreigner's Interests in Japan 外国人は日本の何に興味を持っているのでしょうか

富士フィルム・インスタックスミニ90のアメリカ人のレビュー

   

AD

カメラといえばデジタルカメラが全盛の時代で、通常のコンパクトデジカメもスマートフォンや携帯電話のカメラの性能があがったので、売れにくくなり、一眼レフのデジカメが中心となってきていますが、フィルムカメラでも根強い人気を持っているのがあります。

富士フィルムのインタックスがそれで、日本というより外国人、特にアジアで人気がありますね。

こういうやつです。外国人が好きそうですね。これはハローキティですが、もちろんそうでないのもあります。

ハローキティ40th 富士フイルム インスタントカメラ 【チェキ】「instax mini」

新品価格
¥18,000から
(2015/5/24 20:48時点)


Fujifilm Instax Mini 90 review: instant photos in the Instagram age

AD

しかし、なぜこのスマートフォンのカメラ全盛時代にフィルムのカメラが人気があるのでしょうか。インスタックスのアメリカ人によるレビューがありましたのでご紹介しようと思います。

アジアで人気を博したインスタックスは、アメリカ市場での拡販を狙って投入されました。

ターゲットは、写真を真剣にとる層です。スマホやデジカメで気軽にスナップ写真を撮るのが目的という層ではないということです。
多重露光やバルブモードといった機能を使いこなしたい層に受けるカメラです。

写真好きの⒑代の女の子向けにはぴったりといえそうですが、値段が199ドルなので、他のユーザーをフィルムカメラのユーザーにするのは簡単ではなさそうです。

インスタックスミニ90はデザインにも凝っており、伝統的なデザインを継承しつつ、おもちゃのようなかわいらしさも持っています。
富士フィルムの担当者によれば、写真を撮るのに適したデザインであることをユーザーに評価してほしいと述べています。

インスタックスミニ90はプラスチックでできていますが、しっかりとした作りになっており、手触りもいいです。そして持ち運びも簡単です。

デジカメに比べれば、写真ができる時間もかかりますし、お金もかかります。

しかし、伝統とおもちゃの遊び心を兼ね備えたデザインのわりに、機能的にもすぐれていて持ち運びも楽、そして本格的な写真を撮影できるスペックを備えたカメラと、このレビューではインタックスミニ90を紹介しています。

ニッチな商品ではありますが、ライバルとなる企業もほとんどおらず、独り勝ちできることを狙ってアメリカ市場に投入されたカメラですね。

AD

 - 未分類