FIJ 外国人の日本への関心【海外の反応】

Foreigner's Interests in Japan 外国人は日本の何に興味を持っているのでしょうか

日本でタトゥー、いれずみが嫌われることについて外国人の反応

   

AD

海外で暮らしていて、白人に出会うと、本当によくタトゥーを入れている人に会いますね。

私がカンボジアにいたとき、英語学校に行っていたのですが、親日家のイギリス人教師と仲良くなりました。

いろいろと話していたのですが、彼が半そでを着ていた時に見てびっくりしたのは、遠山の金さんのようなタトゥーを二の腕からうえにしていたからです。

ベトナムのホーチミンにもタトゥーを入れるお店はあちこちにありますが、観察していると客の大半は欧米人ですね。男性も女性もファッション感覚で、体のどこかに入れています。

こんな感じのタトゥーのファッションショーまであるくらいです。おしゃれという感覚なんでしょうね。

なぜ、白人はタトゥーを入れるのが好きなのか。カナダ人に聞いたことがあります。その人はタトゥーを入れていませんでしたが、彼によると、家族の名前とか、何かの記念のときに入れる。

とはいえ、日本ほどではないが、やはり、ちょっと不良というか程度に低い人が入れるとのことでした。

ベトナムを旅行していたときに、バスツアーに参加したことがあります。

欧米人も多かったのですが、その中のひとりに欧米人のバックパッカーと見られる白人男性がいました。

タンクトップに短パンという恰好だったのですが、ほぼ全身にタトゥーを入れているのではないかというくらいタトゥーが入っていました。他の欧米人参加者は、言葉が通じにくいであろう私には話しかけるものの、その男性はまったく誰にも話しかけられませんでした。

やはり、タトゥーはちょっと不良の人がするものという認識のようです。

バリ島に行ったときは、オーストラリア人と見られる白人が多かったですが、やはりタトゥー入れている外国人が多かったですね。

さて、日本人はタトゥーを入れている人はやはりまともではないと見られますね。それについて、外国人はどのように考えているのでしょうか。
Japan inked: Should the country reclaim its tattoo culture?

ジャパンタイムズの記事によると、日本人はタトゥーについて誤解していると外国人は考えています。

タトゥーを入れていると、温泉や公衆浴場には入れませんし、ビーチにも入れないことが多いです。
これはタトゥーは、やくざがいれるもので、また、昔、犯罪をした人がそのしるしのために刺青を入れられたということもあるからです。

実は日本では、タトゥーの歴史は古く、縄文時代にさかのぼります。当時の土偶などにはボディペインティングが入っている様子がありますが、歴史学者はそれらはタトゥーだろうと解釈している人もいます。

また3世紀の中国の歴史書によると、日本人の男性の多くは顔や体にいれずみを入れていたそうです。

日本で、タトゥー文化がもっとも広がったのは江戸時代。当時は士農工商で身分制度があったのですが、商人たちが力をつけ、武士の力が脅かされました。社会的緊張が高まる中、それを和らげる効果もあって、演芸が発達したのです。

AD

歌舞伎や浮世絵ですね。そしていれずみもまた、この時代にもっとも普及した文化でした。

歌舞伎役者は顔に大きな化粧をしますが、その様子を描写するために浮世絵が発達し、浮世絵で世の中に広く伝わった、歌舞伎役者の化粧を見て、いれずみも流行したのです。

とくに、いれずみを好んでいれたのは、当時の消防士たちでした。

浮世絵といれずみに共通しているのは彫るという技術で、このふたつが同時期に発達したのは、理由があることなのです。

江戸幕府はいれずみを禁じようとしましたが、あまりにも人気になったので、効果はありませんでした。

そうしているうちに、黒船がやってきます。アメリカやヨーロッパの国々と鎖国していた日本では技術力が違いすぎ、まともに戦ったのでは勝てないのは明らかで、明治政府は、日本が遅れた国でないことを示す必要がありました。

そこで、野蛮だと思われないように、いれずみを禁止したのです。

このように、もともとタトゥーは日本でも発達した文化だったのですが、政府が厳しく禁じたことが、現在の刺青に対する見方につながっています。

また、60年代はヤクザ映画が流行しましたが、それに出演する俳優たちはみな刺青をいれていたことから、ヤクザ=タトゥーという図式が、人々に印象付けられたということもあるでしょう。

このタトゥーへの偏見が、訪日する外国人が増えるにしたがい、摩擦をうむ原因となっています。

欧米人でタトゥーを入れている人はめずらしくありません。もしも、温泉に入りたいと思っても、タトゥーが原因でお断りというところもまだまだあるでしょう。

日本でも一時期普通だったいれずみですが、タトゥーについての偏見や法制度もまた、歴史をかけて作られてきたものなのですね。

個人的には、色白の白人女性がタトゥーをたくさんいれいていたりすると残念に思いますね。せっかくきれいなのが台無しになる感じがします。ちょっとくらいなら気にしませんが。

カップルであることを証明するためにとか、家族との絆を確認するためにといった理由で入れている人もいますので、タトゥーを入れた外国人とつきあいたいと思ったときに、それが気になってやめろ。というのもなかなか言いにくいんでしょうね。

さて、海外で若いときに生活し、彼氏や彼女にすすめられてタトゥーを入れてしまったとか、友達がみんなしているから、という理由でタトゥーを入れた人もいるかもしれません。

しかし、日本ではタトゥーをしている人はまともに見られません。ですので、タトゥーを除去したいという人もいるでしょう。

タトゥー除去はこんな感じですね。

そんな方には、【池袋、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡】でタトゥー・刺青除去をするならガーデンクリニックのタトゥー・刺青除去

をおススメします。

AD

 - 未分類