FIJ 外国人の日本への関心【海外の反応】

Foreigner's Interests in Japan 外国人は日本の何に興味を持っているのでしょうか

日本人女性と結婚した外国人男性が感じる不満

      2016/05/03

AD

国際結婚で、日本人女性と結婚する外国人男性は増えています。

いまや日本で結婚する20組のカップル、40人に一人は外国人です。

しかし、結婚してからいろいろ問題が出てくるのは国際結婚でも同様で、特に国際結婚では問題がでてくる場合が多いようです。

日本人女性と結婚した外国人男性が感じる不満とはどのようなものなのでしょうか。
Problems Marrying Japanese Women

1.日本人女性は自分のお金は自分のもの、夫が稼いだお金は家族のものと考える

結婚したら夫は家族のために働き、お金を稼ぎます。

一方、日本人女性は、結婚したら基本的に働きたいと考える人は少なく、働いたとしてもそのお金は家族のためとは考えません。自分で稼いだお金はすべて自分のポケットマネーにする人が多いです。

これは日本在住の夫婦だけでなく、アメリカに住んでいる日本人妻も同じ傾向があるようです。

日本人妻は、夫に家族を養うのは夫の義務だと主張して、彼女が稼いだお金を家族のために入れようとはしないと、外国人の夫は不満に感じます。

2.日本人妻は働きたがらない

すべての日本人妻というわけではないですが、外国人夫と結婚した日本人女性はあまり働きたがりません。

彼女たちは、夫を外で稼ぐための人と考え、家族を養うのは当たり前と思っています。

しかし、外国人男性といってもさまざまで、妻が働かなくてもいいほど稼げる男性もいれば、そうでもない男性もいるわけです。

日本人女性と結婚して、離婚するという外国人男性は、離婚の原因として、日本人妻が働くことを断ったということがおおいそうです。

日本人女性の主張としては、もし、結婚後に自分が働かなくてはならないと結婚前に知っていれば、結婚しなかったと言って怒ることが多いようです。

一方、外国人の夫は、日本人妻を養うために、仕事量を増やさなくてはならず、しかも自由に使えるお金が減ったといって怒ることが多いようです。

また、外国人はこうした問題を解決するためにカウンセリングに行くのは普通のことですが、日本人妻はカウンセリングに行くことにためらいを感じることが多いとのことです。

こうした衝突が起きる背景には、結婚した日本人女性は35歳をすぎると働く人が少なくなり、そのため、夫は家計を支えるために、会社に忠誠を尽くして身を粉にして働くという日本社会の特性があります。

日本人女性は外国人からモテますが、結婚するとなると大変です。日本人女性と結婚しようという外国人男性は、日本の習慣についてもよく理解しておかなければならず、また、経済力を持たなければなりません。

日本人同士の結婚となると、多くの場合、夫婦ともに日本で暮らすことがほとんどでしょうから、結婚後もそのまま仕事を続けるというのはそれほど難しくないでしょうが、

AD

国際結婚となると、どちらかが、一方の母国に行くということは十分にあり得る話です。

なかなか海外で仕事を見つけるというのは、語学が堪能なことに加えて、それなりのスキルが要求されることになるでしょう。

仮に日本人女性がアメリカ人と結婚し、アメリカに行くことになったら、アメリカで働けるかということを考えなければなりません。

非常に高い能力が要求されるわけで、なかなかそのような女性は珍しいでしょう。

世界的に、収入の二極化がすすんでおり、男性だけの収入で家族の生活を支えるのは難しい時代です。

外国人男性と国際結婚したいという女性は、単に語学ができてコミュニケーションがとれるだけではなく、いざとなったら、自分も夫となる人の国で稼げるだけの能力がなければならないということでしょうか。

しかし、中には、高収入でエリートの外国人男性もいて、専業主婦をさせてくれるだけの経済力をもつ外国人男性もいるでしょう。

特に、日本で働いているような外国人男性は、そのような人でいる可能性が高いでしょう。

そのような男性と出会いたいという方は、国際交流パーティーに行かれるといいのではないでしょうか。

私がおススメしているのは、海外移住者用のSNSInternations(http://www.internations.org)です。

このSNSに参加する動機として、ビジネス上のネットワークづくりのために参加している人も多く、勤務先を見ると、有名な外資系企業にお勤めの外国人男性もたくさんいます。

facebookのようにネット上の交流はもちろん、月に1度程度、世界300都市以上で交流パーティーが開催されていて、外国人と出会えるきっかけになります。公用語は英語ですので、英語が話せれば、コミュニケーションに困るということはありません。

日本では東京や大阪、名古屋でパーティーが開かれています。もちろん多くの日本人もメンバーになっていますし、無料で参加できます。

私もベトナムのホーチミンでの交流パーティーに参加しました。その様子はこの記事を参考ください。

月に1回開催されているので、クリスマスパーティーもあります。
英会話の練習と出会いを求めて、外国人と友達になれる海外SNSのクリスマスパーティーに参加した

海外移住者向けSNSInternations(http://www.internations.org)の特徴やメリットは下の記事もご覧ください。

外国人との出会いの機会や友達がほしい方に。海外移住者専用SNSのInternationsとは

AD

 - 未分類