FIJ 外国人の日本への関心【海外の反応】

Foreigner's Interests in Japan 外国人は日本の何に興味を持っているのでしょうか

外国人が指摘する日本の英語教育の問題点

   

AD

英語を話せる人が多い東南アジア諸国に比べて、東アジアの日本、中国、韓国の国民は英語が苦手な人が多いと指摘されています。その中でも日本人が英語が苦手なことはよく知られています。

2020年に東京オリンピックがありますし、円安によって日本を訪れる外国人も増え、人の移動という意味では急速に国際化がすすんだ日本ですが、英語の運用能力が追いついていません。

これは日本の英語教育の仕組みに問題があるとたびたび指摘され、小学校3年生から英語教育を導入するように変わるとのことですが、英語教育に携わった外国人によると、日本では英語教育の考え方を根本的に変えないと、事態は変わらないだろうという人が多いです。

いったい、日本の英語教育の問題点とはなんなのでしょうか?
What’s wrong with English education in Japan? Pull up a chair

1.日本の英語教育の目的は、テストに合格することが目的であり、コミュニケーションのためではない。

学校で英語を勉強した人はみな経験があることだと思いますが、日本人が英語を勉強する目的は、受験のためですね。試験に合格することが最大の目的であり、そのため、試験にでない表現は無視されます。

文法や単語も試験に出るものがピックアップされて集中的に学び、日常会話で使うような表現を学ぶ時間はありません。そのため、英語でのコミュニケーション能力が磨けないのです。

2.日本の英語の教科書の質は低い

日本で英語を教える外国人は、日本の英語教科書には多くの文法や内容の間違いが含まれていると指摘します。また、内容も面白いものがないので、英語の学習をつまらないものにしていると指摘する英語教師も多いです。

3.英文を和訳することに力点が置かれ、授業はすべて日本語で行われる

日本の英語の授業では、英文和訳と文法の解説に力点が置かれますが、それはすべて日本語で行われます。そのため、英語を聞いたり話したりする機会が少なくなってしまいます。

そして、英語がわかれば人生を豊かにする。例えば、音楽、映画、読書、そしてインターネットでも大半が英語のコンテンツなのに、日本人の生徒は、自分は日本人だから、英語を将来使う機会がない。と思い込みがちです。

私は、日本は極東にある島国で、外国人と交流する機会が他の国と比べて少なかったことが、生活で英語を使うという経験を乏しくさせてしまったことが、日本人が英語が苦手になってしまった原因だと思います。

英語を教える先生たちはもちろん、英語教育の仕組みを考える人たちも、そうだったのでしょう。

そして、ペーパーテストではどうしても、会話能力を測定するのは非常なコストと手間がかかりますから、受験科目に会話能力を導入することは難しいでしょう。受験英語が優先されてしまうと、会話能力は磨かれることはありませんね。

AD

しかし、今の子供たちは、外国や外国人とかかわらないで、経済活動がやっていけるという人はまれになるでしょうし、仮にいたとしても非常に不利な立場におかれることになると思います。

少子高齢化で、日本では経済活動がどんどん縮小していくからですね。お金を稼ごうと思ったら、ますます海外市場を見据えないとやっていけないということになります。

特に、大学生の方や、若手社会人の方は、このような日本の英語教育の弱点を自覚して、英語を勉強している方も多いでしょう。しかし、TOEICを勉強すれば、英会話ができるようになるかというとそういうわけではありません。

英会話力をつけるためには、外国人の話し相手を見つけること

スピーキング力を高めるためには、外国人と話すのがもっとも有効です。一番いいのは、外国人の彼氏やガールフレンドを作ることだと思いますが、それが難しければ、異性の友達をもつことだと思います。

この男性(女性)ともっと仲良くなりたい。というモチベーションを英語力の向上につなげることができるのです。

別に欧米人でなくてもかまいません。外国人は英語を話せる人が多いですからね。

それでは、このような外国人の知り合いや友達とどこで出会えばいいのでしょうか。

私がお勧めするのは、海外移住者専用のSNSに参加することです。このSNSでは、月に1回、公式の国際交流パーティーが開かれています。

外国人の友達が欲しいという人や外国人との出会いの機会がほしいという人には、国際交流パーティーに参加することがいいきっかけになると思います。

私がおススメしているのは、海外移住者用のSNSInternations(http://www.internations.org)です。

facebookのようにネット上の交流はもちろん、月に1度程度、世界300都市以上で交流パーティーが開催されていて、外国人と出会えるきっかけになります。公用語は英語ですので、英語が話せれば、コミュニケーションに困るということはありません。

参加する前にはある程度英会話力は必要ですね。オンライン英会話や英会話学校などで、少し話せるようになったけど、もっと練習の機会がほしいという方にお勧めです。

友達ができれば、オフラインでもチャットやメッセージのやりとりでさらに英語を上達させることができます。

日本では東京や大阪、名古屋でパーティーが開かれています。もちろん多くの日本人もメンバーになっていますし、無料で参加できます。

海外移住者向けSNSInternations(http://www.internations.org)の特徴やメリットは下の記事もご覧ください。

外国人との出会いの機会や友達がほしい方に。海外移住者専用SNSのInternationsとは

AD

 - 未分類