FIJ 外国人の日本への関心【海外の反応】

Foreigner's Interests in Japan 外国人は日本の何に興味を持っているのでしょうか

日本と韓国で政府間合意はしたが、従軍慰安婦問題は解決にほど遠い

   

AD

2015年末に、日本と韓国の間の長年の懸案であった従軍慰安婦問題について、日本政府と韓国政府の間で合意がなされました。

しかし、この合意が実際に履行されるかということについては、まだまだ課題が山積みで解決が非常に困難だという認識のようです。
Sex slavery deal stalls on statue

最大の問題のひとつは、ソウルにある日本大使館の前にある、従軍慰安婦を象徴する少女像を移転するか否かという問題です。

日本政府は、合意の履行、つまり従軍慰安婦だった方々への補償の前に、この少女像の撤去は当然なされるべきだという立場ですが、韓国人の元従軍慰安婦、そしてその支援団体はそのようなことは絶対にするべきではないという立場です。

AD

日本政府は、10億円を元従軍慰安婦の救済基金として拠出するが、これが履行されるためには、少女像の撤去が前提条件だと主張していますが、韓国政府は、この少女像は民間団体が立てたものであるから、韓国政府の一存で移動させることはできないとしています。

ただし、韓国政府は、この少女像をたてた民間団体と話しあいをするという約束をしています。

日本政府は、この少女像の撤去がなされない限り、補償基金設立のスケジュールはたてられないと指摘しています。

しかし、元従軍慰安婦とその支援団体は、民間団体が建設した少女像の撤去を、政府間の約束で動かすことはありえないと韓国政府を非難しています。

この問題は本当に難しいですが、政府間で約束した以上、履行されるのが筋だと思います。

しかし、韓国ではシールズのような若者たちの団体ができて、韓国政府の対応について非難し、毎週、日本大使館の前でデモをやっています。

ソウルの日本大使館の方々のご心労をお察しします。

AD

 - 未分類